トンプソン・リバーズ大学の           トーマス・ワルデチュック先生(Thomas C. Waldichuk)           キャラ・カドレ先生(Cara Cadre )からのお礼状
                                      
ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
私は6月17日に無事にカムループス市に帰ってまいりました。
去る5月18日-22日に大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

おかげさまをもちまして、8のTRU大学生と同慮キャラ・カドレと私は宇治市かさとり地区にあるアクトパルに4白に泊まらせていただきまして、また、毎日、宇治市立バスがあちらこちらに送っていたきましたことを感謝しております。宇治市バス運転集イリエ様にどうぞよろしくお伝えください。

それで、河原崎様は毎日日程を作っていただきまして本当にありがとうございました。特に京都府茶協同組合の見学、市役所の初回、挨拶と歴史的な都市計画の講義、見学した京都文京大学、平等院、源氏物語博物館、竜安寺、金閣寺、平安神宮と茶道に参加させていただいたことを誠にありがとうございました。また、交通にたいして私達の神戸の地理学の野外巡検に援助していただたことをありがとうございました。

最後に私達が生涯学者センターにおにぎりパーティに誘われましたことを本当にありがとうござました。宇治市民の皆様にどうぞよろしくお伝えください。私とキャラは7月1日のあたりに姉妹都市と関係で宇治市民と市役所の職員へカムルプースで是非会いたいと望みます。皆様にどうぞよろしくお伝えください。

おかげさまでこの野外地理学授業は成功になったと思っております。また、大学生の皆さんは大変喜んでいました。

また、来年日本語学生を日本まで連れて行くつもりですので、その際にはまたどうぞうよろしくお願い申し上げます。

まずはお礼まで申し上げます。
失礼いたします。