感想文

夏休み子供フェア報告

参加者子供  20名

ゲスト 4名

        アイリーンさんフィリピン)

        ビーさん(タイランド)

        タンタンさん(中国)

BACK

マリアさん(フィリピン)


7月23日生涯学習センター主催「夏休み子供フェア」に“外国の人々と外国の遊びをしませんか?”のテーマで参加致しました。

例年、クラブでは外国の童話や昔ばなし等、外国のゲストに、その国の言語で読み聞かせをしていましたが、会長の提案もあり、今回は“バンブーダンス”に取り組む事にしました。

参加者の子供たちの大半は初めての経験とあって、ステップのみの練習からスタートしました。だんだん慣れてきた後、音楽に合わせ、竹を飛び、振りをつけ、の順に難度を上げ、最後はグループで揃って完璧なダンスを披露できるまでに上達しました。実に楽しい光景でした。短時間での練習でここまで完成度に近いダンスがマスターできる子供たちの能力の素晴らしさを改めて痛感しました。コーディネータのマリアさん、アイリーンさんには心から感謝いたします。スタッフ一同溢れる汗にめげずがんばりました。(庶務 酒見記)

このダンスはフィリピンの代表的民族舞踊で、リズムカルな音楽にのって竹を飛びながら踊ります。由来は、フィリピン語で
TINIKLING(ティニクリン)と言い、フィリピンに生息する
「ティクリン」という名前の鳥の動きを表現したものです。

村々ではお米の収穫時、神に感謝をこめて踊ります。