講演会に引き続き、 大倉良子氏司会に始まり、2011年度会長伊勢村紀久子氏の挨拶、議長筒井奈都子氏の進行で2011年度事業報告、決算報告、会計監査報告、その後質疑応答を経て2011年度の結果報告それぞれが承認されました。
続いて2012年度役員及び監査役の推薦、承認。次に2012年度新会長酒見ヒロ子氏の挨拶。2012年度事業計画案、予算案が承認されました。
最後に2011年度役員に労を犒う拍手と、2012年度新役員の紹介があり、滞りなく総会が終了致しました。

総会出席 37名
委任状   79名

2011年度 総会













                                                     



   講演会・2011年度総会
37名の参加者を迎えて講演会が開催されました。
講師のバックノールさんは今年で宇治のAET3年目になり、笠取小学校、笠取第二小学校、岡屋小学校、宇治小学校、黄檗中学校でAETとして教えておられます。
「オーストラリアと日本の教育」という題で、大変興味深い内容のお話でした。両国の教育制度の違いや、日本の英語教育に対する考え方、またオーストラリアの中でも地域によって発音の違いの例を面白く,解りやすい英語でお話くださり大変参考になる楽しい講演会となりました。

           
     






















講演の感想をいただきました。

★ とても分かりやすい英語でゆっくりと我々に理解できるよう話してくださいました。オーストラリアの教育、特に私にとっては
  年齢と関係なく勉強したい時に大学に行って勉強できる羨ましいシステムです。日本の教育、いろいろ問題もありますが
  英語教育からスタートして、考え方も教育してもらって、日本の教育、社会が変わっていくのを希望しています。

★ 英語教育に携わる人の体験で大変面白かった。ただオーストラリアの第二外国語の教育方法も言及して貰えると更に   興味がわきます。また男性中心の教育システムなど、宇治の今後に参考になりそうな話もあり、記録化も必要かなと思い  ます。

★ 私の知らない世界の紹介等大変良かったです。又、このような機会を設けて戴きたいと思います。Benさんありがとうござ   いました。

★ In perticular, Ben san's opinion about English education in Japan, was very interesting. Tolking about our      generation, we learned only English grammer, pronounciation, hearing and so on. It was no chance of English    conversation in all schools. As a result, I can't speak English well.

  講演会 “オーストラリアと日本の教育

             講師:バックノール・ベネディクト・ピアーズ氏
                       (出身国:オーストラリア)

日 時  2012年3月18日(日) 13:00〜15:00
場 所  宇治公民館第一会議室(1階)