BACK

宝蔵院

宝蔵院さんでは、先ずは住職さんより日本語で説明戴き、それを経験の少ない(?)ガイド(二人)が即席英語通訳に挑戦、というエライ勉強もさせてもらいました。
日本人の参加者(交流クラブの会員さん他)の方から、即席通訳の見学も出来て、今までに無いイベント運営だったとお褒め戴いたとの事でした。
場 所・ 黄檗山萬福寺

開催日・ 2012年12月2日

時 間・ 13時〜15:30

参加人数・ 55名
.
.
参加者の感想


黄檗山萬福寺
    見学と座禅体験ツァー
    

2012年12月3日 京都新聞掲載記事より

 The entire tour was very informative and interesting The ground of Manpuku-ji was very beautiful and I enjoyed learnig about the history of the temple. It was lot of fun!
 I thought it was great, lovely culture experience. The guide were wonderful, and perfect English
.
 It was a very nice event. The explanation were good and clear.. I hope to get invited to more events like this, is interesting to meet new people too.
 It was great experience. I learned about and I am very greatful for the tourguides.
 国際交流クラブの萬福寺、宝蔵院のツァーに入れて戴きありがとうございました。
庭の紅葉や文化財(舞子さんのおまけもあり)お寺も良かったですが、国際交流クラブの皆さんが生き生きと活動されている姿を見て刺激を受けました。(背筋がシャンとしていてカッコイイです!!)
又、外国の方とのコミュニケーションも楽しい経験でした。誘っていただき、嬉しいでした。
同じグループで一緒だった北京から来られていたご婦人と帰りの電車の中で、又会い、おしゃべりをしながら帰りました。
北京語言大学の教授で京大に2年間の期限で留学されているということでした。
とても礼儀正しい方で教えられることが沢山ありました。
 有意義な研修会ありがとうございました。座禅で気を引き締め、心が落ち着きました。
珍しい宝蔵院の版木も興味をひかれました。
中国の方に、漢字表記の碑などを中国語で読んでもらったりして楽しく過ごしました。その方からは、桃という字について、「桃の実(任)を食すると「兆」(数の多い様)というほどの長生きが出来る」等、余り知らなかった漢字の意味合いを習ったりして、感心致しました。

当日は、ある新聞社主催の写真撮影のイベントがあり、沢山の舞妓さん姿の女性(8人?)が、あちら・こちらでポーズをとっておられ、私達のツアーメンバーもカメラを構えて撮影出来たりしたので、参加者には別の記念写真も撮れて喜んでもらいました。

3グループの内の2グループは、法堂で坐禅を体験しました。初めて体験された坐禅が「よかった」、と外国人の方が言っておられました。
国際交流クラブ傘下の、「宇治の歴史・文化を英語で学ぶ会」(通称EGC)の萬福寺・宝蔵院へのスタディーツアーが、12月2日(日曜日)に行われました。

宇治国際交流クラブ 主催
宇治の歴史文化を英語で学ぶ会 担当

版木で印刷された一切経

2時間半のイベントの終了式典は、交流クラブの役員さんから、日本語、韓国語、中国語、英語による4ヶ国語での閉会の挨拶がありました。
沢山の外国籍の参加者は、最初は日本語挨拶には・・無言、その後の母国語には、「キャー、キャー」とか、歓迎の笑い声が起こり、例年にない終了挨拶で大変和やかな雰囲気でのお別れとなりました。                                           EGCメンバー:栗山記

寒い時期のイベントではありましたが、沢山の参加者を得て、坐禅の体験をしたり、境内での勉強を致しました。一番心配していた天候は、参加者や役員さんの中の晴れ女・晴れ男の数が多かったのか、晴天とはいえませんでしたが、昼過ぎまでは多少の日差しもあり、終了前には多少冷え込んではきましたが、雨は降らずで、無事終わる事が出来ました。
(解散後晴れ女・男達が消えたら直ぐにパラパラと雨が・・・)