役員研修会

Back
座禅とお茶の入れ方

私にとって初めての座禅体験でした。
禅の奥義に、立って半畳、寝て一畳といわれる通り、ここで修業されている僧侶たちはこの様な狭い所で瞑想にふけり、そして慎ましく生活されている様をまの当たりにし、尊敬の念を抱きました。
私も雑念を払い20分間の瞑想でしたが、喧噪を離れ一心に座禅を組んでいると不思議と心穏やかでいられた事は貴重な体験でした。  松阪

初めてゆっくり坐禅をしましたが、
分かり易い説明を頂き無理なくできたように思います。
終わった後は心ゆったりとなりよい経験でした。  中原

2014年度のクラブ事業もようやく終了、1年間の締めくくりに役員会の研修会として、223日の午後から「興聖寺での座禅体験と匠の館でのお茶の入れ方」を学習してきました。
今年度の10名の役員のうち、7人のメンバーが来年度も役員として残ります。
楽しくて有意義なクラブ事業を提供し、事業を通じて会員の皆さんの絆が深まりますように、研修会で蓄えた知恵と知識を発揮したいと思います。  伊勢村

日々時間に追われている私にとって、座禅は心落ち着くひと時でした。
雑念がいっぱいで、無の境地には到底なれませんでしたが、「雑念は追わず払わず、流しておけばよい」という、ありがたいお言葉をいただきましたので、心が軽くなりました。
興聖寺の中も初めてでした。由緒ある宇治の地に住んでいると改めて実感しました。この地を是非ほかの方に紹介したいですね。  栂森

興聖寺での座禅や説法は 私を非日常の世界に引き込み 心が清められたようなすがすがしい気持ちにしてくれました。
しばらく余韻として残っていました。
澄んだ心を取り戻すために また、訪れてみたいです。  若原

感想

興聖寺の中を見学するのも、座禅も初めての経験でした。
座禅をするのに膝も腰もあまり良い状態ではありませんでしたが、丸い座布団に乗って座っていた20分はあっという間の時間で経過しました。 山本

突然のアクシデントで、大変ご迷惑をおかけしました。
今日の修行で、心あらたにし、来年度に向けての気概を持たれたことと思います。
参加できなかったことが残念です。
また、チャンスがありましたら坐禅の修行に挑戦したいとおもいます。  酒見