eタウンうじや地域SNSお茶っ人を皆さまご存知ですか。NPO法人大好きネットがこの活動を支えていています。宇治のインターネットを駆使するソーシャルネットワークシステムです。 宇治国際交流クラブの皆さまは、お茶っ人のメンバーだったりサポーターだったりとたくさんいらっしゃいます。私が属しています日本語教室やパソコンクラブや役員会も連絡はお茶っ人を使ってしています。とても便利に利用させていただいてます。

さてこの214日土曜日に宇治のICTを活用したまちづくり活動の10年を記念しての記念事業が「未来へつなぐまちづくり」のタイトルのもと行われました。スマホアプリを使って地域の商店街の販路を広げる活動をされている小林隆生さん(熊本県)の講演がありました。もう今ではかなりの家庭にパソコンがあり、かなりの人がスマホ携帯を持っている時代となりました。買い物も生活も携帯のパソコンを使って便利にすることが出来ます。そしてそれで街が活性していく時代となってきているとの話でした。 

その後は漫才や落語そしてトークと楽しい催しも続きたくさんの市民の皆さまが10周年を祝って下さいました。宇治国際交流クラブのメンバーも日頃お世話になっているお茶っ人のこととあって、大勢が参加いたしました。最後の懇親会では音楽もあり大いに盛り上がりました。                      小永井記
(参加人数 記念イベント 150人 懇親会80人 NPO法人大好きネット報告)

親睦会の様子
Back
宇治市民ICT活動

eタウンうじ10年・地域SNSお茶っ人8年の事業に参加して。

eタウンうじ10周年・地域SNSお茶っ人8周年記念イベント